波のカールが大きくなり、ぽかりと穴が開いた。空にかかった水のアーチだ。身を低くして突っ込んでいく。

 先程までの緩慢な丘が、うってかわって断崖になる。

 勢い余った波の先端は、横向きの滝だ。水の巨魁が水平に飛ばされ、橋 を描く。 波を背負う。息を吹き返したエネルギーが、体を波のショルダーへとはじく。

 斜面の端で右脚を軸にターンすると、水が扇となって散った。遠心力が太郎をも吹き飛ばそうとする。

 レールを水面に食い込ませて耐え、ぐいと顔を上げた。

 岩があるぞ!

 「ロケット発射台」の手前の巨岩が、鑿のように刃をこちらに向けている。

 もの凄い力で背後から押され、このまま直進すれば激突だ。

 水の中に逃げるには、もう遅い!

 わざと倒れ込んだとしても、水流は岩の群れで太郎を粉々に砕くだろう。

 太郎は正確に「発射台」へと抜けるしかなかった。

 目をそらすな!

 太郎は自分を叱咤する。

 目をそらしたら、ぶつかる!

 「鑿」の手前で水深が浅くなり、波がカールする。力とスピードが増し、太郎は微妙な体重移動でコースを探す。

 岩に当たった波が戻ってきて、不自然な渦を巻いた。太郎の抜け道が一瞬消えた。

 ぶつかる!

 腰がひけそうになる。

 その瞬間だ。波のカールが大きくなり、ぽかりと穴が開いた。空にかかった水のアーチだ。

 ここしかない!

 太郎は身を低くして突っ込んでいく。

 がっ。

 鈍い音がして、ボードは尖った岩の刃をかすめた。ガンのどこかが欠けたかもしれない。

 抜けた!

 視界がぱっと開けた。

 カレテラが通る緑の丘が、目の前に広がった。

 そして、白い砂の海岸。

 太郎のテイク・オフに興奮して、レヒーノが足を引きずり走る。それを追うようにアニタも小屋を飛び出してきた。二人とも両手を振り振り、

 「タロウ、タロウ」

 と叫んでいる。

 あれは?!

  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!