鮫の背びれが、目の前を横切る。「噛みつくのなら、ライドのあとにしてくれ、ブルーノ」

 もやの中で朝日が輝いた。

 と、ブルーノの影が見えた。

 黒い背びれが速度を上げて太郎に近づいてくる。

 逃げるという考えは、湧いてこなかった。

 恐怖がなかったというわけではない。すでに波の高さに身を縮み上がらせていた太郎にとって、それは別の種類の恐怖だった。

 二つの恐怖が打ち消しあって、太郎の心が鎮まった。

 良い波を待つ。決めたんだ。もう迷わない。最高の波を狙う。・・・。

 鮫の背びれが、目の前を横切った。

 この瞬間のために、僕はここに来たんだ! 噛みつくのなら、このあとにしてくれ、ブルーノ。

 パドルして、岩の立ち並ぶ崖に太郎は寄った。

 さあ、すべきことは分かっている。あとは、それをするだけだ。

 完璧なうねりが、岬の先端から入ってきた。

 波が切り立つ。

 太郎はスープとフェイスの境に向かう。

 赤道を伝わってきた力が、ラ・プンタによってニュージーランダーという形に変えられる。

 エネルギーの頂点が、強大な爪となって空を突き上げた。

 太郎はその頂きに自分の体を運んだ。

 水のカールは、またたくまにボードのテールを持ち上げる。

 ・・・。さっきよりも、ずっとデカい。

 太郎は水に落ちるのではない。何も無い宙にむかって、頭から落下しようとしていた。

 目に、波の底が映った。

 平らな水面が、遥か彼方に見える。

 パドルをやめるのなら、まだ間があった。ここでやめれば、この波をあきらめることができた。

 でも、やめるもんか!

 太郎は右、左と最後の一かきをくれた。

  ガンは、太郎ごと逆さまになり、空に浮かんだ。

 鞭のようにしなった波の先が、背後から追ってくる。

 倒れるものか!

 パーリングしそうになって、太郎は自分に強く言い聞かせる。

 僕は、僕の水面に行くんだ!

 両腕で二つの縁 をしっかりとつかみ、水の面 に当てる。

 ボードの裏が、水の表面をとらえた。

 今だ!

  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!