「決断に自信を持って、毅然とした態度で突っ込む」 海は、それを教えてくれた。僕はもう迷わない。

 アニタにはアニタの現実がある。僕には僕の現実がある。アニタは自分の生きる社会の中で大人になっていくんだ。僕も、自分の世界の中で成長しなくてはならない。

 さあ、海が教えてくれたことを実行するときが来た。

 他の人に解ってもらえなくても良い。

 賛成なんかしてもらえなくても構わない。

 自分自身の中から湧いてくる気持ちに忠実に行動するんだ。

 その時、迷わないこと。

 決断に自信を持って、毅然とした態度で突っ込むこと。

 「わかった。ピートと一緒にサーフィンはしないよ。だけど、明日、僕は一人で海に出る」

 「そんな屁理屈を警察が聞いてくれるわけないよ、タロウ」

 「ピートとは、関係ない。ピートがいようがいまいが、僕はニュージーランダーに乗るんだ」

 「タロウは自分勝手だわ。タロウが行く場所がなくて困っていたのを助けてあげたのは、アタシたちなのに。タロウのお腹が空かないように食事を世話したのは、誰だと思ってるの? それでも、自分の楽しみのためには、アタシたちがどうなってもかまわないっていうの? タロウは自分勝手よ! 自分勝手な赤ちゃんよ!」

 ・・・。

 乗り越えろ! 乗り越えるんだ! ここでテイク・オフしなかったら、もうチャンスはない!

 アニタは、太郎の沈黙を承諾と取ったようだった。

 「それでも、僕は波に乗るよ」

 太郎がそう言ったとき、アニタは聞こえてきた言葉が信じられないという表情をした。そして、知らん限りの罵り言葉を太郎に浴びせた。太郎はそれを背中に聞きながらレストランテを出た。

 アニタは、もう、こんなに汚らしい言葉も知っていたのか、・・・。

 少女の罵声は泣き声にかわった。

 ママも、あんな風に、心の中でパパを罵ったんだろうか? もしかすると、自分のいない所で、実際に声に出して?

 パパが急にいなくなった本当の理由を、僕は知らない。でも、パパに会って、パパが正直に打ち明けてくれたら、それがどんな理由であっても、今の僕ならきっと解ってあげることができると思う。・・・。

  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!