ピン・テイル、ダブル・ピン、スクエア、ラウンド。シングル・フィン、ダブル、スラスター。フィッシュも。

 太郎はその日の午後をただ茫然と波を見つめて過ごしてしまった。波の大きさに魅了されて、その前を離れることができなかったのだ。

 陽が傾く頃になると波はますます大きくなり、それに挑もうとする者はほとんどいなくなった。

 たった一人のサーファーだけが、波をとらえては沖に戻るのをくり返していた。そのサーファーはチューブをメイクしても、喜ぶでもない、興奮するでもない、ただ事務的にひとつの波、またひとつの波と乗っていた。男は通勤電車にでも乗るようにチューブに入ると、浜に降り立った。

 それは、パコロロだった。

 パコロロは、あの遠くを見る眼差しで近づいてきた。目が合っているはずなのに、どうやら男の視界には太郎は映らないらしい。

 「すごいですね」

 太郎は、見たばかりのライドに熱くなって、思わず声をかけてしまった。

 「そうか」

 パコロロは、ムスッと吐き出すように言っただけだった。

 しまった! やっぱりこの人に話しかけちゃいけなかった。

 と太郎は後悔した。

 怒っているのかな。だけど、さっきと態度がまったく違うよ。

 太郎が黙ったまま立っていると、

 「俺のカバーニャに来いよ。サーフ・ボードを見せてやる」

 とパコロロは部下に命令するように言った。

 あ!

 太郎の肩に、水滴が落ちてきた。それは、瞬く間に本格的な雨となった。本物の初夏のスコールだ。うむを言わせぬどしゃ降りに、太郎は断る理由をなくしてしまった。

 パコロロの家は、断崖にジグザグにかかった階段を登りきった所にあった。ティーナたちを太郎が迎えに来た建物の反対側である。二階建ての家の上の階には壁が無く、吹き抜ける風に大きなハンモックが二つ揺れていた。

 「入れよ」

 パコロロがドアを開けると、向かいの壁一面にサーフ・ボードが列を作っていた。

 「ショート・ボード、ロング・ボード、ガン。ピン・テイル、ダブル・ピン・テイル、スクエア・テイル。もちろん、ラウンド・テイルもある。シングル・フィン、ダブル・フィン、スラスター。フィッシュはジョークみたいなもんだ」

  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!