サーフィン小説風メキシコ旅行記

ラ・プンタ

−14「Mr.キーウィー」

 

「ハロー、Mr.キーウィー。まだ、あの高いバンガローにいるのか? 俺のカバーニャなら、安いよ」

 「イッツ・オーサム、メイト」

 自分はキーウィーだと言ってから、体格の良い白人のサーファーはその言葉を何回も繰り返した。ニュー・ジーランド人だから、キーウィー。男は世界中の有名なブレイクを旅してまわっているらしい。

 ラ・プンタに波がなかったので、ビーチ・ブレイクに来てみて太郎は驚いた。岬が拒んでしまう真南のうねりが、ここでは大きな波となって立ち上がっていたのだ。

 「イッツ・オーサム、メイト! 朝、波がデカすぎて戻れなくなった奴を見たぞ。このシカテラから、あの岩を回って、マリネロまでパドルして、やっと帰ってこれたんだ。イッツ・オーサム! ブラディー・ビッグ、メイト」

 「ハロー、ミスター・キーウィー」

 両手を広げ大げさな仕草で近づいてきたのは、パコロロだった。パコロロはキーウィー・サーファーの手を握ると、抱きしめて、背中を叩いた。メキシコの親友同士の挨拶だ。アングロ・サクソンのニュー・ジーランド人は、ぎこちなくそれに応えた。

 「プエルトに来て、何日になる、ミスター・キーウィー? 二週間? まだ、あのグリンゴのバンガローにいるの? あそこは高いだろ。俺のカバーニャなら、安いよ。それに、メキシカン・パイプラインの目の前だし、あそこからならメキシコ一の夕陽が見られる」

 パコロロは、ビーチ・ブレイクの正面の断崖に立つ自分の民宿を指さした。

 「イェー、アイル・スィンク・アバウティト、メイト」

 砂浜には、観光客用の日除けがポツリポツリと立っていた。その傘の下には椅子が並べられ、メキシコ人の子供が来ては飲み物を売っていた。

 そこで波を見ているサーファーたちの中に知った顔を見つけると、パコロロはすっとそちらに移動した。

 「ヘーイ、アメリカン・チャンピオン! ハウ・アー・ユー・ドゥーイン?」

 パコロロは、卑屈なほど大きい作り笑いをして言った。

 チャンピオンと呼ばれた若いアメリカ人旅行者は、照れて周囲の目を気にした。

 「よしてくれよ、パコ。僕は、プロでも何でもないんだから」

 「ノー・プロブレム。ユー・アー・グッド・サーファー。ユー・アー・チャンピオン。俺のカバーニャに泊まった中で、ベスト・10に入るよ。ジェリー・ロペスの次にうまいかな。いい波が立ってるよ。サーフィンしないのかい、チャンピオン?」

 「ノー。ユー・マスト・ビー・クレイジー。イッツ・トゥー・ビッグ」

  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!