「ナビダ(クリスマス)のプレゼントだ。これは無料(タダ)にしといてやる」 長いキスのあと、彼女が言った。

 「慌てるんじゃないよ。落ち着きな。・・・。で、アタシとそのコを取っ替え引っ替え抱きながら、話をするんだ。

 『やっぱり仕事の話は、女の腹の上に限りますな』

 眼鏡のハポネスが言う。出っ歯から息が漏れるんで、へんてこりんなスペイン語さ。

 『はい、女の上に限ります』

 ピーナツ農園が、もう一人の女にまたがりながら相づちを打った。

 『ところで、セニョール・ホアキン、あの話は聞きましたか?』

 ハポネスはアタシの体なんか見てやしない。ただ話をしやがる。

 『シー、タカハシさん。ハポネスの噂はすぐに届きます。サーフィンをするハポネスなんて、いままでオアハカに来たことなんてなかったから。だいたい、すごいじゃないですか、あのラ・プンタの先から浜までですよ』

 『すごいといえば、すごいんですけどねえ』

 『あんな大波の日に沖に出るだけで、立派なのに。・・・。いったい何キロぐらいの距離、乗ったんでしょうね?』

 『私には見当もつきませんよ、セニョール・ホアキン。それにしても、あの男には困ったもんです。家族も捨て、仕事も捨てですからね』

 その話を聞いて、アタシには、ピンときたね。

 あいつだ!

 お前の親父のことだ、とね。・・・。あの大波の日は私も覚えてるよ。あんな大きな波はめったに立つもんじゃないからさあ」

 やぶにらみはメスカルをぐいと飲み干した。

 酔いがまわってきて、太郎は顔が熱くなっているのを感じた。

 「そう言われて、よく見てみれば、お前もあいつに似てイイ男だよ」

 急に、やぶにらみが太郎を抱きしめてキスをした。

 太郎は息ができなかった。酔いが手伝って、頭がクラクラしてきた。

 「ナビダのプレゼントだ。これは無料(タダ)にしといてやる」

 長いキスのあと口を離すなり、やぶにらみがそう言った。

 その夜のことで太郎が覚えているのは、そこまでだった。

  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!