ホーボー(浮浪者)の耳たぶに、小さな銀のピアス。それは、少年とロング・ボードをかたどっていた。

 「ノー!」

 太郎は飛びのいた。

 「お、お金を持ってません」

 「何だって?」

 「アニタに全部あげちゃったんです。僕はお金を持っていません」

 「何だよ! それならそうと先に言いなよ! まったくお前は役立たずなんだから!」

 やぶにらみはハイヒールを脱ぐと、腕を組んだ。

 「やめだ、やめだ。もう今夜はやめだ。どうせ仕事がないんだ。もう、やめだ」

 そして、海におりるほうへ裸足で歩きだした。

 「どこに、行くんですか?」

 太郎は独りになるのは嫌だった。たとえ、それがやぶにらみであっても、今夜は誰かと一緒にいたかった。

 「アドキンさ。メスカルでも見つけて、今日は酔っぱらうよ」

 Sの字に大きく曲がった道を、やぶにらみはどんどん下りていった。

 「タロウ、お前も来たかったら、おいで。どっか眠れる場所を見つけてやるからさ」

 アドキンとは、六角形のタイルのことである。マリネロの浜の二百メートルほどの通りには、そんなタイルが敷きつめてあった。その両側には小さなホテルやレストランが並び、プエルトの人間はその一画を「アドキン」と呼んだ。

 「早くおいで」

 太郎はやぶにらみの後についていった。

 アドキンにも人通りはなかった。海から吹く風が巻いて、道に落ちたゴミを運んだ。

 やぶにらみと太郎がゆくと、どこからともなく二人の男が現れた。腹の出たメキシコ人の中年男と破けた服を着たホーボーだった。二人ともお世辞にもきれいと言える格好はしていなかった。特に、ホーボーは服のいたるところにシミをつけ、長くボサボサに伸びた金髪はもう何年も洗ってなさそうだった。二人は肩を組んで手にボトルをぶら下げていた。

 やぶにらみが中年男に話しかけた。金髪のホーボーは、視線の定まらない青い目でそれを眺めている。

 ホーボーの耳たぶにキラリと光るものがあった。小さな銀のピアスだった。それは、ロング・ボードとその脇に立つ少年をかたどっていた。

 サーファーのなれの果てかあ、・・・。

  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!