アニタから母親への贈り物は、青と白の縞模様の化学繊維のワンピース。この贈り物で、母親が激怒。

 イネスが丁寧に紙の包みを開くと、青と白の縞模様の化学繊維のワンピースが出てきた。

 「どお?」

 アニタが母親の言葉を待っている。

 イネスの表情に喜びはなかった。

 「母ちゃん、気に入った?」

 母親は答えなかった。そして、ますます険しい顔になった。

 「アニタ、これを買うお金はどうした?」

 「タロウがくれたの」

 無邪気な声が答えた。

 イネスが太郎をにらみつけた。

 「タロウ、お前はどこでこんな金を手に入れた?」

 「・・・」

 「正直に言いな」

 太郎は黙っていた。

 「丘の上のグリンゴに、タロウはもらったんだ!」

 レヒーノがかん高い声を上げた。

 「母ちゃんにないしょで、グリンゴのところに通ってたんだ。そこで、コンピュータをいじって、金をもらったんだ」

 こいつ、いつ覗いてたんだ!

 「バカなことしやがって、このアホ娘が!」

 イネスは娘の服をつかみ、右手を振り上げた。

 「なんで、グリンゴの金だって知ってて使ったんだ! «クスリ»の金だぞ」

 イネスが殴ろうとするのを太郎がかばった。

 「アニタはやぶにらみに騙されて、«売り»をさせられそうだったんです」

 「余計なお節介はしないでくれ、タロウ。こんな危ない金に手を着けるぐらいなら、«売り»をしたほうがまだましだ」

 「どうしてですか、それじゃ、アニタがどうされても構わないっていうのですか?」

  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!