サーフィン小説風メキシコ旅行記

ラ・プンタ

−27「クリスマス近づく」

 

「ナビダ」は、スペイン語でクリスマスのこと。

 クリスマスのことをスペイン語で「ナビダ」と言う。

 ナビダが近づくにつれて、やぶにらみの深夜の帰宅がより騒々しいものになってきた。車の音が聞こえてきて、それが女の家の前で止むと、今度はしわがれた歌声が轟きをあげた。

 タ、ラッタ、ラッタ、タ、タ、ラッパ、パン、パン。・・・。

 「オー、ミ・アモール」

 そして、村中に響くようなキスだ。

 「ベサメ! ベサメ!」

 やぶにらみの酔った吐息が、臭ってくるようだった。

 太郎はハンモックの中で耳をすましていた。エンジンの音が彼方からしたときには、もうすでに目を覚ましていた。毎夜のことだからである。

 車が再び音をたてて帰っていってしまう夜もあったが、そのまま朝まで止まっていることもあった。車が残った夜には、太郎は眠ることができなかった。押し殺された笑いと、噛みしめられた悲鳴に似た声が、太郎を苦しめた。

 そのどちらの夜が明けても、やぶにらみが朝早く起きるということはなかった。太陽が天頂にのぼりつめる頃ゆっくりと起き出してきて、子供たちと水遊びをした。

 朝方車が去っていった日は、やぶにらみの黒い水着姿に目がいって太郎はしかたがなかった。

 そんな日の遅い朝のことである。

 太郎がラ・プンタで波乗りをしていると、アニタがやって来た。自分と遊びたいのかなと太郎が思っていると、アニタは沖に出てこなかった。岩場で子供を遊ばせていたやぶにらみのもとへ行き、何か話をしている。

 潮が引いているとき、ラ・プンタの岩場は歩いて抜けることができる近道になった。パドル・アウトするのが面倒なら、この岩の間を通れば良かった。

 別に、わざと、そうするわけじゃないんだ。

 自分にそう言い聞かせて、太郎は二人のそばを通った。

 アニタはチラリと太郎を見たが、そのまま話を続けている。

 「もうすぐ、ナビダだからね。でも、アニタがねえ」

 やぶにらみの声が聞こえた。

 「母ちゃんに何か買ってあげたくて、・・・」

 「へえ、アニタも立派なことを言う年になったんだねえ。いつまでも、子供だと思っていたけど」

 「だけど、アタシはお金を持っていないから、・・・。どうしたら、お金が手にはいるの?」

 「ふーん、・・・。簡単にはいかないけどねえ。・・・。アニタも、もう大人か、・・・」

 太郎に聞こえたのは、ここまでだった。

 岩場の終わりからは、テイク・オフ・ポイントはすぐの所だ。ただ、そこが波の崩れるインパクト・ゾーンだから、注意が必要だった。タイミングを誤ると、「ロケット発射台」の脇の岩に叩きつけられることになる。

 太郎は波のインターバルを充分に見定めて、沖に出た。

 冬が来るのかあ。

 水温がわずかながら下がるにつれて、波がだんだん小さくなっていくような気がした。

  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!