コンピュータの電源を入れる。メールを開いたとたん、「緊急」の文字が飛び込んできた。

 太郎は辺りをよく見回した。

 メキシコの遅い昼食が終わると、イネスはどこかへ出かけた。アニタとレヒーノは岬のほうへ遊びに行った。父親はいつものようにハンモックでシエスタだ。

 誰も見ていないことを確認して、太郎はピートの家へつづく坂道をのぼった。

 家には誰もいなかった。

 この家で頻繁に翻訳の仕事をするようになっていた太郎は、黙って中に入るとラップ・トップの電源を入れた。

 えっ!

 メールを開いたとたん、「緊急」の文字が飛び込んできた。


 三人のデンマーク人を安全な場所へかくまえ。・・・。

 ゲレーロ州警察が追跡開始。・・・。

 原告が警察に殺害される可能性有り。・・・。


 どうしよう?! ヘスーサを探さなくっちゃ!

 太郎は外へ飛び出て、家のまわりを見回した。

 ヘスーサが戻る気配はない。

 ピートは?!

 丘の上に駆け上がり、太郎はラ・プンタを見た。

 波のない岩場には、誰もいなかった。

 どうしたらいいんだ!

 太郎はとにかく駆けだした。何軒もない村の家を、覗いてまわる。

 「ヘスーサ! ピート!」

 名前を呼んでも、答えはなかった。

 ホントに、どうしよう?!

 コンピュータの電源を切って何も見なかったことにしようか?

 太郎はそれを考えないではなかった。

 だって、僕にどうしろって言うんだ?!

 このまま知らんぷりして、サーフィンしに海に出ちゃおうか、とも思った。

 だけど、そうしたら、・・・。

 そうしたら、僕は、また、・・・。

 また、同じだ。・・・。

 警官が昔の同僚をかばうために殺しに来るのだ。失敗はあり得ないだろう。

 とにかく、どこか安全な場所に連れてかなきゃ。

  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!