ブリキの缶を開け、シンナーのようなきつい匂いのする透明な液体をボードに注いだ。

 それを見ていたピートが、

 「これを使うかい?」

 と自分のボードを差し出したが、レヒーノはそれに手を触れようとはしなかった。

 半分になったボードは、二つとも砂浜に打ち上げられていた。

 レヒーノはそれを拾おうともせず、肩を落として小屋に戻っていった。

 椰子の葉を編んだ軒の前にぽつんと腰を下ろして、幼い少年はしばらくサーフィンを見ていた。やがてあきたのかハンモックに横になり、いつの間にかいなくなっていた。

 潮が満ちてきて、波が厚くなり割れなくなってきた。

 残ったふたりも海から上がることにした。

 ピートは自分のボードと一緒に、二つのボードの切れ端も脇にかかえた。

 「そんなものどうするの?」

 「このままじゃ、レヒーノがあまりに可哀想だからね。まだ陽が高いから、そんなに時間はかからないだろう」

 そう言って、十字架のある家へとピートは丘の小道を登っていった。

 何をするんだろう?

 そう思った太郎はあとからついて行った。

 ピートの家には天井などないのだが、葉でできた屋根の下の横木が上手くその役割を果たす。そこにサーフ・ボードを横たえると、ピートは家の奥から木製の台を出してきた。

 台には音叉のようなUの字型の部分が二カ所あり、そこにそれぞれ半欠けボードを差し込むと、一枚に合わせることができた。ボードのつなぎ目には、割り箸のような木ぎれを埋め込み支えにする。ガラス繊維を広げて、適当な大きさに切ると、ボードの継ぎ目に帯のように巻き付けた。そして、ピートは部屋の隅にあった大きなブリキの缶を開け、シンナーのようなきつい匂いのする透明な液体をボードに注いだ。

 「何、それは?」

 「レシンさ」

 「これが乾燥すれば、硬くなる。メキシコの太陽は熱いから、すぐに乾く。それまで、コーヒーでも飲むか、タロウ?」

 太郎のために水を沸かすと、ピートは«葉っぱ»を巻いて火を付けた。

 「簡単にサーフ・ボードを直しちゃうなんて、すごいね、ピート」

 「バハ・カリフォルニアやインドネシアには、デカい波でボードを折るサーファーがけっこういるんだ。これができると、それだけで食べていける」

 コーヒーを飲みながら、トードス・サントスやウルワトゥの話を聞いた。今の太郎には想像もつかないような波の話だった。

 「さあ、乾いた。紙ヤスリで擦れば、出来上がりだ」

 明くる朝になると、砂浜に、捨てられたように無造作にそのボードが置かれていた。

 レヒーノはそれを見つけると、一日中ラ・プンタで遊んだ。

  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!