見たばかりの滑りの熱さが太郎を興奮させた。Tシャツを脱ぎ捨てると、全速力のまま海に飛び込んだ。

 見たばかりの滑りの熱さが乗

り移って、太郎は興奮してい

た。

 Tシャツを脱ぎ捨てると、半

欠けボードを手に駆けだし、全

速力のまま海に飛び込んだ。

 腕をまわす太郎の中には、男

と同じイメージがあった。右手

を水に入れて五メートル、左で

十メートル。

 少なくとも太郎の頭の中では

そうだった。

 大きな岩の脇の波を待つポイントに来るまで、かなりの時間がかかった。

 男が沖と浜を往復するのを太郎は何度も横目で見た。

 水の上を美しく滑る姿が見えるたびに、太郎の全身に力が入った。

 波が来て、一、二とかいて、落ちるとこで立つ。簡単じゃないか。

 ポイントに到達すると、ボードの上にまたがれない太郎は水に体をつけて待った。

 おだやかな風は海をなめらかに整え、うねりは一枚の布がゆれるようにやって来た。

 ゆっくりと高くなり低くなり、藍色の海は盛り上がったところが光を映してゆらめいた。

 来たぞ。

 岸に振り返ると、朝日が昇っ

ていた。

 さあ、一、二、・・・。

 ボードの上に腹ばいになり斜

面を滑り降りる。

 そこまでは、昨日までと同じ

要領だった。

 波はより大きかったが、怖が

らずに頭から落ちた。

 スピードがしっかり腹に感じ

られたところで、ボードの両脇

を押さえた腕を伸ばす。

 そして、立ち上がる。

 ぐっ。

 太郎の左足が板の表面に乗っ

たときに、折れた口が水にも

ぐって滑るのをやめた。

 あとは「てこの原理」だ。

 半欠けボードは折れた先端を

支点に太郎の体を宙に投げると、

どこかに勝手に飛んでいってし

まった。

 太郎は波の底に叩きつけられ

て、そこに水の壁が落ちてきた。

 そして、縦に回る渦の中でも

みくちゃにされた。

 なんで、海ってこうなんだよ。

 息をしようともがきながら、

太郎は腹が立ってきた。

 
  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!

ハワイ、ビッグ・アイランド、ポホイキ。子供たちが、熱いライドを披露。画像、美!
このビデオは、どうしても見ていただきたい。サーファーの大きさと比較して、波のサイズを想像してみて下さい。プエルト・エスコンディード、シカテラ・ビーチのビッグ・デイ。本家パイプラインに対しても恥じることなく「メキシコの«パイプライン»だぞ」と胸を張れそう。ハワイの本家と違うのは、ボトム。シカテラのビーチ・ブレイクは、ボトムが土なのです。関東ローム層の粘土のような赤土なので、珊瑚礁のリーフに比べればじゃっかん安全です。まあ、若干。波がビデオくらいのサイズになると、インパクト・ゾーンで叩かれた土が溶け、水面を赤く染めるようになります。そこでワイプ・アウトしようものなら、まずボードは真っ二つ。運が悪ければ、波のパワーが骨を砕いたり、ノーズやフィンが内蔵をえぐったりということも。何も知らない旅行者サーファーが沖に出て波にビビって立ち往生なんて光景も頻発します。もちろん、こんな大きなサイズの波にはローカルだって軽々しくは乗れないのですが、困ったときには隣のマリネロ・ビーチまでパドルすればなんとかなるぐらいのことは知っているわけです。「危険な波に挑むのは、大人のサーファーのすることではない」という言い方もできるでしょう。しかし、だからこそ「大人」になるまえにチャレンジするという考え方もあります。ただ何もせずに、でっぷりした白ポチャの腹をせせり出して、プール・サイドから眺めるだけの「大人」になってしまう前に、手遅れになってしまう前に、行動を起こさねば。失ってしまったら二度と手に入れられないものは確実に存在し、それは何も地球の裏側まで探しに行かなくてもいい、自宅から一時間三十分で到着する海岸で見つけることもできるのです。そして、そこで見つけた「あなたの海」は、世界中のすべての海につながっています。