サーフィン小説風メキシコ旅行記

ラ・プンタ

−11「バモス! バモス!」

 

半欠けボードの一辺が、切り立った水面に食い込んで走る。「バモス! バモス!( 行け、行け!)」

 立ったうねりが爪のようにカールする直前

に、レヒーノは一つ目の波を泳ぎきった。

 二つ目の波は、見逃した。

 三つ目が、デカいんだ。レヒーノ。

 「バモス! バモス!」

 さあ、行け、と少年を励ますように太郎は

叫んでいた。

 「バモス! バモス!」

 レヒーノもそう繰り返して、岸にむかって

向きを変えた。

 水平線のほうから、ひときわ高い波がやっ

て来た。手前の青い波の上に、より濃い青で

せり上がっている。

 水をかく腕が、スピードを上げ

た。

 盛り上がった波の頂が、岬に近

いところから割れはじめた。

 左から右へ白く崩れた波が、そ

そり立った水面を追いかけるかの

ようだ。

 静かでなめらかな面と暴れ狂う

白い部分の境界が、レヒーノに

迫った。

 体が宙に持ち上げられたが、

今度は放りだされない。

 ガラスのような水の斜面を、ボードを抱いた少年が

滑りはじめた。

 半欠けボードの一辺が切り立った水面に食い込ん

で、小さな体が走る。

 それを崩れた波が後押しして、滑走は続く。

 岸の直前で大きく波が跳ね上がった。

 レヒーノは、それをバランスよく凌ぐ。

 と、最後のさいごまで波に乗った。

 濡れた砂の上まで滑ったので、しまいにはボードか

ら放り出されて転がった。

 押していった波が戻ると、レヒーノの体は砂だらけ

になった。

 「ケ・リコ!」

 最高、と幼い少年は飛び上がった。

 そして、太郎のいる岩場のほうに走ってくる。

 砂だらけの体をはたこうともせずに一目散に駆けて

くる。

 「ケ・リコ! タロウ、ケ・リコ!」

 そう叫んで、太郎に飛び付いた。

 あまりに激しく抱きついたので、ふたりは勢いあ

まって海の中に落っこちた。

 

トップ » 第二章 「ラ・プンタ」と呼ばれる岬で、サーフィンと出会ったなら? » 11 「バモス! バモス!」 26 頁

  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!

«メキシコのスペイン語ワン・ポイント講座»
『バモス』(¡Vamos!) は、英語で言うなら、We go! なのですが、「レッツ・ゴー!」という感じで使います。
『ケ・リコ』(¡Qué rico!) は、「サイコー!」。美味しいときとか、気持ちのいいときとかに使います。もともと、『リコ』は「お金持ち」の意味。『リキッシモ』と言えば、「サイコーに、おいしい」となります。『ケ』は、「何」。これも、覚えておくと便利です。『ケ・ボニータ』(なんてキレイなの!)なんてセリフをセニョリータに言ってみたいもの。ただし、これは女性に対してのみ。男性には『ケ・ボニート』となるので、ご注意を。
男女の色っぽい会話には、榎本和以智著『男と女のスペイン語会話術―学校では教えてくれない! 』が、おすすめ。かゆいところに手が届く表現がいっぱいです。「どうしても、セニョリータを恋人にするんだ」と、1960年代にがんばった人生の先達のナイスな教科書は、必見です。(右上)
メキシコのスペイン語は、スペインのスペイン語に比べてずっと簡単。難しいことは苦手という方のためには、小川理恵著『らくらく旅のメキシコのスペイン語―持ってて安心! いちばん簡単な旅会話』を。何かのときのために、会話集は一冊だけでもカバンに入れておきましょう。(左上)
でも、ホントのことを言うと、一番の強い味方は、音声機能付の電子辞書です。Global Talkersが安くて、便利。自分の代わりに機械に話してもらいましょう。(真上)
✱サーフショップ無料広告のお知らせ✱

サーフ・ショップのオーナーの方、お店で働いている皆さん、このスペースに御社の広告を載せませんか? 掲載料は無料です。がんばっているショップを、たくさん紹介したいのです。広告のサイズはこの青い枠線(幅234px 高さ230px)を参考にしていただければ良いと思います。もちろん融通はききますので、どうぞ遠慮なくおっしゃってください。これからも、よろしくお願いします。     (松本尚人)
surfmexicoryoko@gmail.commailto:surfmexicoryoko@gmail.comshapeimage_3_link_0
  1. 箇条書き項目ケリー・スレーターの異空間のライド。ニューヨーク州ロングアイランドのロングビーチでの撮影です。アメリカ東海岸でも、コンディションが整えば、極上の波が立ちます。