サーフィン小説風メキシコ旅行記

ラ・プンタ

−9「金を出せよ、セニョール」

 

「さあ、金を出せ。時計もだよ、セニョール」怯えたビジネスマンの鼻先で、ライフルの銃口が動く。

 車体の横の暗がりで、バンディー

ドスがトランクから荷物を出してい

るのが見える。

 サーフ・ボードや鳥かごまで一通

り投げ出すと、荷物を広げて金目の

ものを探しはじめた。

 「さあ、行け」

 太郎たちは森の中に連れてこられ

た。

 「急げ! ラピード!」

 耳元で叫ばれ、恐怖で太郎は駆け

だした。

 暗闇の中あちこちにある茂みにつ

まづき、何度もころんだ。

 他の乗客も次々につまづいた。足を止める者がいると、男たちがとび寄って銃でこづいた。

 奥に進むと、太郎たちはぽっかりと木のない場所に出た。

 ここで、撃たれるんだ!

 握りしめた掌に、爪が食い込んだ。

 「さあ、金を出せ」

 リーダー格が、一人一人に銃を突きつけて財布

を出させた。

 別の男が盗ったバッグを広げて、その中に財布

を落とさせる。

 「時計もだよ、セニョール」

 怯えたビジネスマンの鼻先で、銃口が動く。

 一人が時計をはずすと、後に続く乗客は自らん

で時計をバッグに落とした。

 バンディードスの構えた銃が、だんだん太郎に近づいてくる。

 デンマークの女たちも、スウェーデンの老人も、ライフルの前で財布を差し出した。

 太郎の番が来た。

 銃を構えた男と目が合った。

 あわてて、太郎は目を伏せた。

 ・・・。

 どうか殺さないで、・・・。

 震える手で財布を取り出すと、太郎はバンディードスの

バッグに落とした。

 「パスポート、パスポート」

 早くよこせと言わんばかりに、男は手のひらを広げる。

 動揺した太郎は、貴重品袋を服の下から出すと、そのまま

バッグに入れてしまった。

 トラベラーズ・チェックも、帰りの飛行機の切符も、その

中にある。それがそこにあることすら、そのとき太郎は気づ

かなかった。

 金持ちの乗客は、持ち物をすべて盗られた。

 何もない者は、かわりに殴られた。

 

トップ » 第一章 メキシコ・シティから、プエルト・エスコンディード » 9 「金を出せよ、セニョール」 9 頁

  1. 箇条書き項目キミの探すものは、ココにある!

  1. 箇条書き項目コ、コレが欲しかったんだよ!

  1. 箇条書き項目悲劇を避けるのが一番だけど、ここ一番はAIU保険に頼ってみたら? いろいろなタイプがあります。(広告)

(左)それでも恋するグアテマラ~ダンディ中年不良オヤジ、山賊に襲われる!

(右)中米の風 家庭崩壊からはじまったダンディ不良オヤジの命ガケ的中米紀行!

 ともに著者は千葉県船橋市在住の「ダンディ不良オヤジ」上川内嘉久丸氏。

I shot the sherif, but I didn't shoot the deputy.❞  ヤシの木の下、ハンモックに揺られ、ビールを片手に、ボブ・マーレー。